白髪染めと染め方の仕組み、オシャレ染めとの違いをご紹介しています。

白髪染めとは

白髪染めとは、染料を使って白髪を自分の好みの色に染めることです。

ここでは白髪染めの仕組みについてご紹介したいと思います。

白髪染めには1剤と2剤があります。

1剤とは酸化染料とアルカリ剤です。

色の元となる成分で2剤と混ぜると化学反応を起こし、酸化することで発色します。

アルカリ剤とは、髪の毛のキューティクルを開き、髪の毛に色がつくように助けてくれます。

また脱色効果を引き出す役割もあります。

2剤は、過酸化水素水です。

1剤と混ぜることで酸化し、発色させます。

このように2種類の薬剤を混ぜることで白髪染めの原料が完成します。

白髪を染める前は、髪の毛のキューティクルは一定の方向を向いていて、重なっています。

それでその乾いた髪の毛に、1剤と2剤を混ぜた混合液を塗ります。

そうするとキューティクルが自然に開いてゆき、染料が髪の毛の内部まで浸透します。

また髪の毛にあるメラニンを脱色することもできます。

こうすることで、発色した分子が元の分子より大きくなるので、キューティクルの中から染料が出ることがなくなり、白髪染めの色が定着することになります。

では、オシャレ染めで白髪染めが出来るでしょうか?じつはオシャレ染めの色の作り方は、白髪染めと違いがあります。

それでオシャレ染めでは白髪をキレイに染めることができません。

染毛力が高いのが白髪染めで、白髪も黒髪も同じ色に染めることができます。

しかしオシャレ染めは染毛力が低いので、白髪はほとんど染まりません。


Theme by Ali Han | Copyright 2014 白髪染めの知識の館 | Powered by WordPress