白髪染めと染め方の仕組み、オシャレ染めとの違いをご紹介しています。

パッチテストについて

by blogger

白髪染めをする前に「パッチテスト」をしましょう。

パッチテストとは、白髪染めで皮膚のアレルギーが出ないかどうかの試験です。

自分は皮膚が弱くないから大丈夫と思っても、突然アレルギーが出たりすることがあります。

それで白髪染めをする前は、毎回、パッチテストを行うようにしましょう。

まずテスト製剤を用意します。

1剤と2剤を所定の割合で少量混ぜます。

そして小皿にのせ、綿棒で混ぜます。

それからそれを綿棒で取り、腕の内側に薄く塗ります。

大体10円玉硬貨と同じ大きさくらいにしましょう。

30分放置し、もし乾いていないならペーパーで軽く拭きとるようにします。

そしてそのまま2日間、48時間放置します。

できればパッチテストをした当日はお風呂に入らないようにしましょう。

もし入る場合は、塗った部分が水で濡れたりしないよう、またこすったりしないようにしましょう。

その間、何の反応もないならOKです。

白髪染めをすることができます。

しかし、発疹、かゆみ、刺激などの異常が出たなら、すぐに水で洗い流しましょう。

そして白髪染めはしないようにしてください。

48時間以内にその反応が出たら、すぐにテストを中止し、薬剤を落とすようにします。

もし異常が出た場合は、速やかに皮膚科に行くようにしましょう。

自己判断で放置しておくことがないようにしましょう。

皮膚が敏感な方は、ブリーチやヘアマニュキアのクレンジング剤でもかぶることがあるのでご注意ください。


Comments are closed.

Theme by Ali Han | Copyright 2017 白髪染めの知識の館 | Powered by WordPress